昨日の朝日新聞に、親族間の暴力事件に関する記事が掲載されました。

配偶者や親子など親族間で起きた暴力事件が増えている。警察庁のまとめでは、暴行容疑の摘発件数はこの10年間で4倍近く、傷害容疑は2倍近くになった。警察庁は「家庭内の暴力(DV)や虐待などに対する社会的関心の高まりを背景に、警察が積極的に事件化している結果ではないか」と見ている。

警察庁によると、昨年1年間に全国の警察が摘発した暴行事件(容疑者死亡などを除く)は2万5321件。そのうち親族間は前年比9・4%増の6148件で、全体の24・3%を占めた。2007年は1617件で、10年間で約3・8倍に増えている。被害者の内訳は、親746件、子665件、内縁関係を含む配偶者4034件、兄弟姉妹378件など。

傷害事件の摘発は1万9428件で、うち親族間が前年比2・4%増の4516件。全体の23・2%を占めた。07年は2533件で、この10年間で約1・8倍になっている。被害者別では、親686件、子565件、配偶者2662件、兄弟姉妹312件など。

一方、殺人(未遂を含む。容疑者死亡などを除く)の摘発件数は810件で、このうち親族間が440件。全体の54・3%を占める。件数は07年と比べ、66件減っているが、割合は6・2ポイント増えている。被害者の内訳は、親114件、子103件、配偶者158件、兄弟姉妹37件などとなっている。(編集委員・吉田伸八)

引用:朝日新聞デジタル(2017年1月29日)

この親族間殺人(暴力)の増加については、押川の著書「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)でも触れております。すべてが精神疾患にまつわる事件ではありませんが、昨今のニュースを見ていますと、障がいのある子供に親が手をかけたり、認知症になった親に子供が手をかけたり……、という事件が多く見聞きされるようになりました。

また昨今は、昨年8月に福岡県須恵町で41歳の母親が4人の子供を殺害する事件があったように(この事件では、母親は心神喪失を理由に不起訴)、育児に悩み心のバランスを崩してしまった親による事件もあります。

このような家庭の問題に対する積極的な介入が、求められていることを感じます。