精神科の病院で体をベッドにくくりつけられるなどの身体拘束をされた患者数が2014年は1万682人で、過去最多だったことが厚生労働省の調査で分かった。精神保健福祉法に基づき認められている措置だが、症状の重い患者の増加も要因とみられ、厚労省は詳しい調査を始める。

調査は14年6月末時点で実施。拘束された患者のうち、家族らの同意で入院させる医療保護入院が8977人、都道府県知事らが決める措置入院が232人だった。都道府県別では北海道が1067人と最も多く、東京都の1035人、千葉県の888人が続いた。施錠された保護室への隔離は1万94人で初めて1万人を超過。医療保護入院患者が8377人で、措置入院患者が549人だった。

精神科病院の入院患者総数は29万406人で、前年から7030人減ったが、重度で症状が安定しない急性期の患者が増えているという。精神保健福祉法では、患者が自らを傷つける恐れがあるなどと精神保健指定医が認めた場合に身体の拘束や隔離ができる。拘束や隔離が増えている理由を詳しく把握するため、厚労省は次回の調査から新たに疾患の内容などを調査項目に加える方針だ。(井上充昌)

引用:朝日新聞デジタル 2017/3/21

過去には、精神科病院の職員が患者に暴力や虐待を加え、刑事事件となった事例もあります。よって、精神科病院における身体の拘束や隔離については、その良し悪しのみに議論が集中してしまいがちですが、そもそも精神科病院における医療従事者が、患者さんへの対応に高い資質を要求されている中で、どうしても拘束や隔離が必要な場面もあるという現実を、理解すべきだと思います。

精神科病院に勤務する職員の方とお話すると、「行為障害のある患者さんは一定数いて、状態が落ち着かないために、なかなか保護室(※隔離のための部屋)から出ることができない」「認知症を患い、暴力行為のある高齢者が増えている」などと聞くこともあります。

過去に、とある病院のケースワーカーの方から伺った逸話としては、「看護師が、患者さんから突き飛ばされて肋骨を折った。それでも、看護師は翌日も出勤してきて、その患者さんに話しかけていた」という話もありました。この病院は、一般の精神科病院が受けたがらない対応困難な患者さんも、積極的に受け入れている病院でした。

このように、精神科病院の職員が患者さんから暴力を受けるケースもあります。精神科の看護師が患者から受けた暴力の実態を調査・研究している論文によれば、対象とされる調査数は少ないものの、「恐怖を覚えるような身体的攻撃・暴力・性的攻撃を含む行為」を受けた経験のある看護師は7割ほどいる、というデータもあります。

このような暴力については、職務上のこととされ、公になることはまずありません。無用な身体拘束・隔離があってはならないことはたしかですが、職員の方々が身体を張らねばならない側面もあることもまた、事実なのです。弊社は、未受診や受療中断してしまっている患者さんを説得移送していますので、生死にかかわる最悪の病状も、多数、見てきています。ゆえに、医療とはいえ、急性期やなかなか病状が安定しない患者さんへの対応をしている病院職員の方々には、ひたすら頭が下がる思いです。

身体拘束・隔離の増加の詳細は個々のケースをみていかなければなりませんが、対応の難しい(衝動性・粗暴性が高い)患者数が増加しているのであればなおさら、医療従事者のコミュニケーションスキルや危機対応スキルをよりアップするための訓練が、欠かせないと考えられます。

そして記事にも書かれているように、「拘束や隔離が増えている理由」こそが重要であり、調査の推移を見守っていきたいと思います。