今年1月に弊社の押川剛がブログで表明しましたとおり、昨年から現在に至るまで、弊社スタッフならびに押川に対して、インターネット上で誹謗中傷や脅迫(殺害予告)等を繰り返し行っている人物がおります。

会社法人として改めて表明いたしますが、弊社ならびに押川と当該人物の間には、なんら人間関係はございません(事実に基づく時系列につきましては、押川のブログに記しております)。押川のすべてのSNSにおいては、以前より当該人物をブロックしております。

しかしながら当該人物は、押川と人間関係があると思い込み、押川や弊社の活動・発信をすべて自分に向けられたものだと捉え、そのうえで、誹謗中傷や虚偽の内容に基づく名誉毀損、押川の発言をとりあげての揶揄、脅迫(殺害予告)などを、自身のSNS上で繰り返し行っております。

さらには、押川のツイッターをフォローしてくださっている方々を調べあげ、その方々に対しても、名指しでの誹謗中傷を行っている次第です。弊社では現在、それらに関する被害のご相談やご心配の声を多数いただいている状況で、この事態を非常に重く受け止めております。被害の拡大を防ぐために、押川のブログのコメント欄も、断腸の思いで閉じさせていただきました。

この件につきましては、昨年より弊社顧問弁護士とも相談し、警察当局にて所定の手続きを経ております。ストーカー事案として、110番緊急通報登録システムにも登録されております。

弊社としましては、当該人物を加害者にすることは避けたいとの思いから、全スタッフをあげての徹底した危機管理を行っており、現在に至ります。

しかし現状を鑑みる限り、残念ながら今後も、弊社ならびに押川の仕事関係者の皆様、個人的にお付き合いのある皆様、そして日頃より応援して下さっている皆様に対して、何らかの被害等が発生しうる可能性が否めません。

よって、当該人物からの誹謗中傷など被害がございました際には、些細なことと思わずに、すみやかにお住まいの管轄の警察署にご相談いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

2017年4月1日

(株)トキワ精神保健事務所

代表取締役 今川摩理