うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果…京大チーム開発

 うつ病などに対する「認知行動療法」に患者が一人で取り組めるスマートフォン版アプリを、京都大学などのチームが開発した。薬が十分効かない患者の約4割で改善効果が出たという。

認知行動療法は、患者自身がものの見方や問題に対処する選択肢を増やし、ストレスの低減を目指す治療法だ。本来は、精神科医らが患者と面接して行う。うつ病や社交不安症などに効果があるが、時間や手間がかかることから実施する医療機関は少ない。

そこで研究チームは、患者が一人で認知行動療法を受けられるアプリを考案した。

患者は「予定の来客がなかった」「何もうまくいかないと思った」など、出来事とその時感じた不安などをアプリに記録し、自分の思考パターンを知る。また、「鼻歌を歌う」「お風呂に入る」といった気分転換の方法を選択肢から選び、実際に試して自分に合うものを実感してもらう。

研究チームは、抗うつ薬の効果が不十分だった患者約160人を対象に、薬を変更するだけのグループと、薬を変更したうえでアプリも使用するグループに分け、うつ病の重症度の変化を比較した。

8週間のプログラム終了後、重症度の点数が半分以下に改善した人は、アプリを用いたグループが42%で、薬変更のみ(21%)の2倍だった。症状がなくなった割合も、アプリ使用では31%で、薬変更のみ(18%)より高かった。

研究をまとめた古川壽亮・京都大教授(精神医学)は「今後は実際の医療現場で活用してもらえるよう、方策を考えたい」と話している。

人間の仕事は、遠くない未来にAIやロボットに取って代わられる……書店に行くと、そのようなことが書かれた書物が、これでもかというくらい並んでいます。AIやロボット化の結果、まず先に消滅するのは簡単な仕事であり、専門性の高い仕事は残るに違いないというのが一般的な予測ですが、「仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること (講談社+α新書)」(鈴木貴博著)によると、

最近では、「頭のいい人の仕事」の方が先にAIに置き換わり、「体力が自慢の人の仕事」はまだしばらくの間は生き残るのではないかと言われ始めている。

のだそうです。スーパーやコンビニの店員、建設作業員や食品加工工場の従業員、ビル清掃員といった仕事をすべて機械化するには、ロボットの生産数が到底、足りないからです。それに対して知的労働の分野は、AIが開発されれば、ものの数分でデジタルコピーできてしまいます。

驚いたのは、この著者が、『2035年に訪れるであろう「仕事の大量消滅」で仕事を失う危険性が高い』と指摘している職業の中に、「精神科医」が含まれていたことです。これは、精神療法に重きをおかれない昨今、患者の病状を聞いてただ投薬するだけの治療なら、AIが代用できてしまう、ということでしょう。加えて、認知行動療法もアプリがカバーできるとなれば、言わずもがなです。

何もかも機械化されるようでは味気ないですが、このアプリの開発自体は、素晴らしいと思います。病識のない統合失調症などの患者さんとは異なり、うつ病の患者さんは、病識があり治療を受けたいと思いつつも、「通院のために外出すること自体が難しい」とおっしゃる方が多いからです

強迫性障害の方も同様です。「出かけなければ」と思うほど強迫観念に苛まれ、強迫行為を繰り返してしまいます。以前、ご相談のあった当事者の方は、「病院に行こうと思うと、その前にシャワーを何時間も浴びないと気がすまない。でもそれが良くないことも分かっていて、家族からもいろいろ言われるので、結局、外出できない」とおっしゃっていました。このような方々にとって、アプリで辛い症状を少しでも緩和できれば、医療や福祉にもつながりやすくなるはずです。

ちなみに、インターネットでできる認知行動療法については、日本における第一人者、大野裕先生が監修しているサイト(こころのスキルアップ・トレーニング)もあります。

病識があり治療意欲がある患者さんには、このような喜ばしい進化がある一方、いまだに行政による移送アクセスが確立せず、社会保障費の削減が取りざたされる今日では、病識がなく、対応の難しい患者さんは、ますます精神科医療から遠ざかっています

とくに弊社が関わってきた複雑対応困難な患者さんの多くは、統合失調症などの主病に加え、パーソナリティ障害の要素も併合している場合が多くみられます。このような方々にとっては、入院施設やグループホームでの集団生活の継続が、歪んだ認知の枠組みを修正することにつながります。社会生活を送るための規範等が個人の内部に取り込まれ、自分の問題として認識することで、やがて自分でコントロールできるようになる、つまり「社会性が身につく」「コミュニケーション能力が上がる」のです。これは、ロボットやAIで代替できることではありません。

ところがほとんどの場合、複雑対応困難な患者さんほど、欲求不満や不安感などを問題行動化して発散したり、自分の問題を他患に投影したりするため、受療中断してしまうか、病院(施設)側から退院を促されることになります。

今後、AIに駆逐されないために、精神科医や医療従事者に求められる力は、こういった患者さんに対しての対応力や、治療意欲をあげるようなコミュニケーション能力など、「人間力」こそがますます重要になっていくと思われます。

※現在、コメントは承認制となっております。コメントの反映にしばらく時間がかかりますことをご了承下さい。