親子共に高齢となり社会から孤立する「8050(はちまるごーまる)問題」が、いよいよ顕著になってきました。

いずれも低栄養、低体温症

80代の親と50代の子どもが身を寄せる世帯が社会から孤立してしまう「8050(はちまるごーまる)問題」―。全国で表面化する中、札幌市内のアパートの一室でも1月、2人暮らしの母親(82)と娘(52)とみられる遺体が見つかった。娘は長年引きこもり状態だったという。道警は母親が先に亡くなり、一人になった娘は誰にも気付かれずに衰弱死したとみている。専門家は「支援策を整えなければ同様の孤立死が増え続ける」と訴える。

高層マンションの建設ラッシュが続く札幌市中央区の住宅街の一角。築40年の2階建てアパートの1階の部屋で2人の遺体は見つかった。道警の司法解剖の結果、2人の死因はいずれも低栄養状態による低体温症。母親は昨年12月中旬に、娘は年末にそれぞれ飢えと寒さで死亡したとみられる。捜査関係者は「2人は都会の片隅で誰にも気付かれずに亡くなった。何とか救う方法はなかったのか」と漏らした。

道警によると、1月6日午後、検針に来たガス業者が異変に気付き、別室の住民が室内に入って遺体を発見した。ストーブには灯油が入っていたが、エラーと表示され停止していた。冷蔵庫は空で、床には菓子の空き袋や調味料が散乱していた。室内には現金9万円が残されていた。

親子は週に1回だけ近所の銭湯に通っていた。銭湯の女性店主(78)は昨年12月26日、アパート近くの自動販売機でスポーツドリンクを買う娘の姿を目撃した。「ペットボトルを抱えて何度もしゃがみ込み、ふらふらしていた」

女性店主の息子が駆け寄った。一言も話さなかったが、アパートの前まで送った。「もう少し手を差し伸べていれば…」。息子は今も悔やんでいる。

近所の住民によると、母親は夫と死別後の1990年ごろに娘とアパートに入居した。当時、収入は年金だけで生活保護や福祉サービスは受けていなかった。娘は高校卒業後、就職したものの、人間関係に悩んで退職し、引きこもり状態になったという。

引用:2018年3月5日 北海道新聞

ニュースになった北海道の事件でも、娘は長年、引きこもり状態にあったことが指摘されています。以前より引きこもり支援に携わってきた専門家であれば、「8050問題」のような社会がいずれやってくることは、明白に感じていたのではないかと思います。それほど、有効性のある支援がないまま、今日に至っています。

先月、押川のインタビュー公開された日立財団Webマガジン「みらい」では、「親子関係の解剖学 その闇に迫る」として、非常に興味深い論文が並んでいます。

中でも、編集主幹 守山正氏(拓殖大学政経学部 教授)による「親子間の葛藤~親殺し・子殺し」では、高齢化した両親と、無職で収入の途がない引きこもりが続く中年の子供が起こした無理心中を例にあげた上で、以下のように述べています。

このような引きこもりを契機とする家族間の事件は今後、さらに顕在化することが十分考えられる。なぜなら、引きこもりから脱却する手立て、たとえば就職や結婚などの契機はほとんど展望がなく、そのまま加齢が進むと高齢者の引きこもりが増える可能性があるからである。次の図は、厚生労働省「子ども・若者白書」に示されたものであるが、「若年無業者(15歳~39歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者)」が平成25年で全国に80万人がいるという現実は、今後、家庭内葛藤を増大させる大きな要因であろう。この統計には40歳以上の引きこもりを含んでいない点に注意を要する。要するに、上記の事例は他人ごとではないのである。

家族の問題においては、複雑化したケースほど、行政や医療にSOSを発したからと言って即座に解決できるわけではありません。しかし家族という密室で起きていることだからこそ、SOSを発しない限り、困窮が周囲に伝わることはありません。家族や周囲の方々は、諦めずに粘り強くSOSを発してほしいと思います。